クレジットカードのキャッシングは金利手数料が高い!

クレジットカードでキャッシングを行う場合、無駄な金利手数料を払わないように注意しましょう。

クレジットカードは、銀行や提携するATMで気軽にキャッシングが出来るので、どうしてもお金を借りているという実感が湧かないかも知れません。

気軽にお金を借りてしまい、後で支払いが厳しくなる…というケースが非常に多いのです。このような問題に陥らないよう、出来るだけクレジットカードでお金を借りない事です。

出来れば、クレジットカードのキャッシング枠は減額しておくと良いでしょう。余程、財布を落として帰りの交通費が無い様な場合や、海外で盗難に遭って持ち合わせが無いというような場合は、キャッシングをする事で、一時期にピンチを脱する事が出来ます。

それ以外の場合(余程の事が無い限り)緊急性のあるお金を使う機会は無いでしょう。ましてや、日本国内でそのような目に遭う事は到底考えられません。

クレジットカードでキャッシングをしてしまうと、金利も高いので非常に無駄です。消費者金融のカードローンと変わらない手数料が必要なので、不要なお金を借り過ぎないように注意して下さい。

また、クレジットカードでショッピングをし過ぎてしまい、翌月の返済のお金をクレジットカードのキャッシングするなどもってのほかです。こうした、手持ちの無い状態でお金を借りるのは、多重債務の危険性を秘めています。

どうか、お金を借りる・買い物をするのは、集中が確実になった後で使って下さい。クレジットカードの安易な利用は、後で自分の首を絞める事になります。

もし、返済が苦しくて借金の首が回らない…という場合は、金利の低いカードローンを借りて借り換えをする、借金の一本化で多重債務の状態を解消するなど、賢く計画をしなおす必要があります。

場合によっては、自力でピンチを脱するのが難しい事もあるでしょう。そのような場合は、決して一人で問題を抱えずに(ボランティア等)無料相談などを行っている法の専門家に相談してみましょう。

自分で計画を立てるよりも、前向きに良いアイデアを提案してもらえるかも知れません。また、返済が遅れそうな場合はすぐにカードローン会社に相談してみましょう。

Copyright © クレジットカードのキャッシングについて. All rights reserved.